So-net無料ブログ作成

賞金付きゲーム大会が違法なのかどうかについて [ゲーム]

 よく格闘ゲームプレイヤーが口にする話題で「日本では法律の問題で賞金付きの大会が開けない」というものがあります。これについては前にいろいろ調べたことがあり、私の中で一つの結論を出していたのですが、最近これが間違っていることが分かったのでそのことについて書き記しておこうと思います。

 そもそもこの問題について調べた時、私は賭博法だけを眺めていれば良いと思っていました。そして調べた結果出てきたのが刑法の第185条です。

賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

 では賭博とは何を指すのかというと、「参加者から徴収した金品をゲームの結果に応じて再分配すること」です。より正確に言うと「運要素」が含まれる必要があるのですが、今までの判例を見る限り、少しでも運要素があると賭博として扱うことができます。
 ではこれをゲーム大会のケースに当てはめてみると、参加料を取った上でプレイヤーに賞金を提供するのは賭博法で違法となります。スポンサーから協賛金をもらい、それを賞金に回すという形でも参加料を取ってしまったら違法になる可能性があります(スポンサーから直接プレイヤーに賞金が渡っているか証明する必要がある?)。参加者から料金を徴収しなければ、いくら賞金をだしても賭博法上では問題になりません。

 しかしその後、風営法というものの存在を行政書士の方のHPで知りました。この方によると、風営法では賭け金が存在しなくてもゲームの成績に応じて商品の分配を行うと風営法違反になると書いてあります。実際これは事実でありこの方には全く非がないのですが、私はここでミスを犯してしまいました。当時の私はこの法律の条文を読まずにそのまま情報を鵜呑みにしてしまったのです。そして事前にもっていた「風営法はゲームセンターなどの店舗に対する法律」という知識を掛け合わせ、ゲームセンターなどで参加料を徴収せずに賞金付き大会を行うと、賭博法には引っかからないが風営法には引っかかると考えたのです。
 
そのこと自体は間違いではないのですが、

>常設の店舗でなく一時的に会場を設け、そこのゲーム機を設置した状態でイベント等を行い、そのゲーム結果に応じて優秀者に賞品や賞金を提供する行為はこの規定に違反となります。

この文章までそのまま鵜呑みにしてしまった上に、「闘劇」のような特設会場で行われる大会もゲームセンター的なものと見なされアウトになると解釈してしまったのです。「PCをゲーム機と解釈されたらPCゲームの大会ですら違法になるのでは?」「今までは警察に指摘されなかっただけなのでは?」とか思ってしまったわけです。

 しかしそれは大きな間違いでした。ふと最近またこの話題が気になって風営法を参照してみると、風営法第23条2項には

第2条第1項第7号のまあじやん屋又は同項第8号の営業を営む者は、前条の規定によるほか、その営業に関し、遊技の結果に応じて賞品を提供してはならない。

と書いてありました。つまり風営法は施設そのものに対する法律というよりも、同法第2条第1項第7号のまあじやん屋又は同項第8号の営業(ゲームセンターやパチスロなど)を営む者にしか適用されない法律であり、第三者やメーカー主催の大会は特設会場で賞金をだしてトーナメントを行ったところで風営法にはひっかからないのです。一方で、行政書士の方の仰る様に、ゲームセンターなどが主催の大会は参加料を徴収していなくても賞金や商品付き大会を開くと違法になります。

 これが現状の私の考えです。まとめると

ゲームセンター(などの風営法にひっかかる遊技場営業者)が行う賞金付き大会は違法
参加料を徴収して賞金として分配する大会は違法
上記2項を回避すれば日本国内でも賞金付き大会は行える

という結論に達しました。もちろん私は法律に関しては素人ですので、間違ってる可能性があることを十分考慮し、参考程度の知識に留めて置いてください。また、指摘などがありましたらよろしくお願いします。
タグ:ゲーム
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。