So-net無料ブログ作成
検索選択

Life Is Strange―日本語版が欲しい! [PCゲーム]


"When Gone Home meets The Walking Dead... with time travel"

トレーラーのセンスとIGNの素敵な文句に惹かれて購入。
Gone Home meets The Walking Dead?
おもしろいに決まってる!




2015-03-28_00005_R.jpg

 主人公はマックスという女の子。5年ぶりに故郷の町に戻ってきて、寮生活をしながら「写真」の勉強をしている。
 そんな彼女が授業中にとてもリアルな夢を見る。町が巨大な竜巻に襲われるという夢なのだが、それと同時に時間を操れる能力に目覚める。
 
2015-03-28_00006_R.jpg

 The Walking Deadのような最近のTelltale作品はキャラクターの掛け合いを見てるパートが多いが、今作はマックスを操って探索する要素が大半を占めている。
 マックスを操り、他のキャラクターとコミュニケーションをとりながら話を進めるのだが、その際に「時間を操る」能力が大活躍する。

2015-03-28_00007_R.jpg

 ゲームをプレイしていると、選択肢に悩んだり自分の選択に後悔することが多々あるのではないだろうか?このゲームにも選択肢がたくさん出てくるのだが、どんな選択肢を選んでも時間を戻せるので無駄な心配をする必要がない。「こうしてたらどうなってたんだろう」という「ゲームあるある」にシステムとして応えてくれているのはうれしい。
 また時間を操ることで解決できるちょっとしたパズル要素が楽しい。たとえば、部屋を探索していると窓ガラスに小鳥がぶつかってしまうというイベントがある。そのままでは小鳥は死んでしまうが、時間を戻してあらかじめ窓を開けておくことで小鳥の死を回避できる。他にも、会話が進んだことによって得た知識を使い、時間を戻してベストな答えを導く、といった場面もたくさんある。

2015-03-28_00009_R.jpg

 ただ、やはりADVゲームなので一番重要なのはゲームプレイではなくストーリーだろう。今作はエピソード形式のゲームであり、まだEP1しか遊べていないが、伏線が興味深く早く次のエピソードを遊びたいという気持ちで一杯だ。このゲームの主な謎は、上で書いた「竜巻」なのだが、それ以外にも行方不明の女の子や不自然なほど学校の生徒を厳しく監視している警備員など、複数の謎が展開している。ハァ、僕のケイトちゃんは何に怯えているんだろうか・・・

2015-03-28_00008_R.jpg
redrum redrum redrum redrum

 でも悔しいのが英語の壁・・・。TWDとかTWaUとかは英語でも何とか乗り切ってきたけど、このゲームはアメリカのティーンが使う言葉や言い回しが多いうえに、文化的教養が問われるので、名詞含め理解できない言葉が多々あった。なんだよ"cujo"って!"yolo"的なノリかと思ったよ!どんだけスティーブンキングが好きなんだよ! 

2015-03-28_00002_R.jpg

 全体的な雰囲気、センスも良い感じだし、日本語版がPCで出れば買いなおしても良いかなという感じ。洋ゲーの割に女の子がそこそこ可愛いのもポイント高い。

2015-03-28_00001_R.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

FO3と未来世紀ブラジルとthirty flights of loving [PCゲーム]

 「一番好きなゲームのトレーラーは?」

と聞かれたらなんて答えるだろう?
 「一番」を決めるのは中々難しいのだが、一番見た回数が多いトレーラーを聞かれたら、迷わず Fallout3 E3トレーラー と答えるだろう。



 陽気なBGMとは裏腹に多少ブラックな映像が流れるのが魅力的なトレーラー私はこういうのが大好きで、気が付くと曲が頭の中でリフレインして、映像が脳内再生されてしまう。2008年の動画にも関わらずだ。


 似たような感じで長年頭から離れない曲がある。映画「未来世紀ブラジル」で使われている「ブラジルの水彩画」だ。



 この映画も狂気じみた内容と陽気な音楽のギャップが心地よい。万人向けの映画ではないが、FO3のあのトレーラーが好きな人は、一か八かで見てみるのも良いかも。


 そして未来世紀ブラジルが当たった人に是非ともプレイしてもらいたいのが「Thirty Flights of Loving」(とGravity Bone)



 もともと無料の「Gravity Bone」というゲームがあって、それが一部の界隈で受けて、今度は有料でと製作されたのが「Thirty Flights of Loving」。2つ合して45分くらいで終わっちゃうようなゲームなのだが、「こいつ絶対未来世紀ブラジル好きだろ(笑)」と思ってしまうようなオマージュの数々を楽しめるはず。

 ちなみに、Gravity Boneはほんと良いセンスしてるので未来世紀ブラジルとか関係なくおススメ。





 帰省中でゲームができる環境になかったので、古いPCを引っ張り出して来たらデスクトップに「Gravity Bone」が!ということで暇なので書いてみました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

旅行してきました【カウアイ編】 [日記]

 生活が落ち着いてきたので、だいぶ前に予告してた旅行記を書く。

P2070651_R.JPG

 今回行ったのはハワイ。もちろんオアフ島にも行ったのだが、お目立てはカウアイ島。前の旅行記で書いたクラビには007やスターウォーズのロケ地があったが、カウアイ島も映画のロケ地によく使われており、特にジュラシックパークの撮影に使われたことで有名。

P2070658_R.JPG

 この海岸は「ナパリコースト」と呼ばれるカウアイ島で一番の観光スポット。画像では伝わりにくいが、とても高い絶壁が延々と続いているその様はすごい迫力だった。
ジュラシックパークを何度か見たことがある人ならピンと来るかもしれないが、シリーズで毎度おなじみの島に到着するシーンはこのナパリコーストの風景が使われている。



P2070690_R.JPG

 霧がまた良い雰囲気を出している。
 ちなみに、この絶壁には山羊が住んでいる。海にはクジラやイルカもいるし、運が良ければウミガメやアザラシと泳ぐことも出来るので、「こんな崖見るだけじゃつまんない」なんて人でも楽しめるんじゃないだろうか(笑)


 P2070693_R.JPG
 
 お次はワイメア峡谷。これもあいにく霧のせいでベストショットは撮れなかったが、霧が一瞬だけ晴れ、その全貌が見えたときは圧巻だった。カウアイ島は車で1時間30分ほどで半周できてしまうような小さい島なのだが、自然のスケールだけはまさにアメリカ級で、島ではなく大陸にいるかのような錯覚さえ覚える。

P2070697_R.JPG

 カウアイ島は他にもジュラシックパークに出てきた滝(上記の動画にでてきたもの)やシダの洞窟といった観光スポットがある上に、大自然の中でのトレッキングやカヌーといったアクティビティも行える。オアフ島好きの日本人には馴染みの薄い島かもしれないが、めちゃくちゃオススメ
 

 ただいくつか注意点が。

日本語は通じないと思った方がいい
 オアフ島でも日本語がそこまで通じるとは思わないが、私がカウアイ島に滞在中は一度も日本語を聞かなかった。というか、日本人に限らずアジア人が全然いない島なので、オアフ島みたいに気軽に行ったら痛い目を見るかも。

②レンタカー必須
 オアフ島と違いトロリーバスのような交通機関が全くないので運転できる人を連れてレンタカーを借りる事を強くお勧めする。左ハンドル右車線走行ということに慣れれば、さほど運転が難しい土地ではないと思う。

③飛行機が遅れる、最悪の場合は飛ばない
 オアフ島からカウアイ島へは飛行機で行ける。Island AirとGo Airの2つの航空会社がこの路線を運航しているのだが、どちらもジェット機ではなくプロペラ機を使っている。だからなのかは知らないが、機体の整備のせいで便がとにかく遅れる。特にGo Air。




 私は行きGo Air、帰りIsland Airという予定でチケットを取った。Go Airの方が安いのだが、帰りの便の乗り継ぎの都合上帰りはIsland Airの便を取らざるを得なかったのだ。
 そして出発当日。カウアイで目一杯遊ぶため朝早くからホノルル空港に向かったのだが、Island Air、Go Airともに予定通りに全然飛ばない。Island Airは1,2時間遅れで出て行ったのだが、Go Airに至っては4時間待った挙句欠航に。結局、Go Airの人に手続きをしてもらってIsland Airでカウアイに向かうことになったのだが、貴重な半日をGo Airに潰される形となった。

 しかし不運はこれだけでは終わらない。カウアイを満喫した後の帰国日。「日本への乗り継ぎ便に乗れなかったらどうしよう・・・」という心配はあったのだが、帰りはIsland Airだしまぁ大丈夫だろうと思っていた。しかし空港にチェックインしに行くと、Island Airのスタッフが私の予約が入っていないと言い出すのだ。そんな訳はないと、cheap airの予約ページのプリントをスタッフに見せ、再度確認してもらうが、やはり予約がないと言う。
 私はこの後の乗り継ぎ便で日本に帰らなければいけないこと、予約ページにはGo Airで来たことになっているが実際はIsland Airで来たことを説明すると、もう少し調べるから少し待ってほしいと言われた。そして5分後、何が起こっているかが判明した。
 Island Airいわく、私の予約はキャンセルされたという。しかし私はキャンセルなんかした覚えは全くない。そこでもう少し調べてもらうと、ホノルルでGo Airのスタッフが私のIsland Airの席を確保してくれた際、なぜか帰りの便をキャンセルしてしまったという事が判明した。Island Airの人も「訳が分からん」みたいな感じだったが、私が一番訳が分からなかった(笑)
 
 その後、この責任をGo Airが認めるのに時間がかかってしまったため、私は日本への乗り継ぎ便に乗ることができなかった。まぁその分、ホノルルでの一泊分のホテル代と食事代、タクシー代等をGo Airに出してもらったのだが、時間ほど大切なものはないので、カウアイ島に行く際は「便が遅れることがある」「Go Airは危ない」ということを覚えておくとよいと思う。





 最後の方は愚痴っぽくなってしまったが、個人的にはオアフ島の100倍、いや1000倍おもしろいと思う。曇りで微妙な写真ばかりだが、こんなのでも興味を持った人がいれば是非行って欲しいと思う。

P2070701_R.JPG
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

元NBA選手リック・フォックス「プロゲーマーはアスリート」 [ゲーム]

 未だにネットがない環境がこの日本に存在してるとは思わなかった・・・

 ということで、おもしろい動画を見つけたので久しぶりの投稿



 以前も似たようなテレビ番組をyoutubeで見たことがあるのだが、この動画ではプロゲーマーがアスリートかどうかというポイントで議論が行われている。注目すべき点は2点。1点目は、やはり一般人にはプロゲーマーはただのゲーマーとしか理解されていないということ。前にも書いたが、海外だからといってプロゲーマーがスポーツ選手だと思われているわけではない。動画内で触れられているとおり、アメリカ政府はプロゲーマーをアスリートだと認めたうえでビザを発給するし、ゲーマーに対してスポーツ推薦のように奨学金を出す大学もある。ただそれはごくごく一部の話であって、「海外じゃe-sportsはスポーツとして扱われてるんだぜ?」と堂々と言えるような市民権を得ているわけではない。やはりスポーツ=フィジカル面での競技という考えは日本と海外(少なくともアメリカ)ではさほど変わらないのではないかと思う。

 2点目は、誰も文句のつけようがない元アスリートがプロゲーマーをアスリートだと言ってるところ。結局nerdがいくら「プロゲーマーはアスリートだ!」と喚いても誰も聞いてくれない訳で。確かNBAのチーム関係者にもesportsファンがいたと思うのだが、一般的に認められてるアスリート自身がe-sportsをスポーツだと、プロゲーマーをアスリートだと認める発言をするのはかなり効果的だと思う。日本代表がモンハンを遊ぶように、多くのスポーツ選手がe-sportsの試合を観戦するような規模の市場に成長すれば、自ずとプロゲーマーもアスリートとして認知されるんじゃないかと。

 そもそも、この動画に出てくる人たちは何故「ゲーマー」と「アスリート」が結びつくのか理解できてないのでは。我々ゲーマーはe-sportsという文化を知ってる上で、e-sports→スポーツ→アスリートという風に言葉を結び付けられるけど、e-sportsを知らない人はその発想に至らない。「アメリカ政府や大学からアスリートとして認められている」という話をする前に軽くで良いからe-sportsの紹介をする必要があると思った。





steamのsummer sale

・Don't Starve
・The Wolf Among Us
System Shock 2
・Football Manager 2014

を購入。Don't Starve以外はどれも大満足。Don't Starveだけは思ったより普通の出来だったので、また時間がある時に遊んでみようと思う。

 The Wolf Among Usはかなり良い出来。少なくともThe Walking Dead Season 2よりは面白い。TWD Season 1の時は「クレメンタインの両親に会う」「サバンナに行く」「クレメンタインを守る」という目的があったのだが、Season 2 では成り行きに任せてる感じがとても強いし(北に行くというのも強い目的意識が感じられない)、クレメンタインが死ぬということも全く考えられないので、「なるようになれ」って感じで緊張感がない。サプライズ要素もどこかインパクトが薄い。しかしThe Wolf Among Usはシーズンを通して一つの事件を解決するという明確な目的があるし、シーズンごとのサプライズもTWD Season 1と同レベルの驚きをもたらしてくれる。 BorderlandsとGame of ThronesのTellTale版はあまり興味がなかったけど、これなら期待しても良いかな。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「eスポーツMaX」を見た感想 [PCゲーム]

 結構楽しみにしていたこの番組。いくつか気になった点があったので少し感想を。




 eスポーツ番組ってどういう層に向けて作ってるんだろうかと気になっていたが、芸人を使ってeスポーツを広める企画、そしてアシスタントの女の子を使ったeアスリート育成企画を見る限り、eスポーツを全く知らない層にも見てもらえるような番組として作っているのが伺えた。

 このことを考えると、上に書いた2つの企画はなかなかおもしろそうで今後注目していきたいなと思った。

 問題なのは最初のeスポーツニュースコーナー。権利の問題なのか、流れたのは同じシーンの繰り返しかムービーだけ。まずeスポーツを紹介する番組でカットシーンを流してもどんなゲームか分からないというのが気になった理由その1。気になった理由その2は、あれだけじゃ「eスポーツの大会」ではなく「ゲームの大会」だとしか理解されないということ。選手が真剣な眼差しでゲームをプレイしそれを見て大観衆が熱狂するという、リアルスポーツで見られるものと同じ光景を視聴者に見せないと、eスポーツ=単なる子供のお遊びの延長線上としか思われないのではと思った。
 競技人口という言葉で規模をアピールしている部分が何度かあったが、これも大会の様子、たとえば下のような動画を見せたほうが視聴者はすんなり理解してくれると思う。


 タイトルの選び方(スポーツ、レースゲームが割と取り上げられていたり、CSGOではなくCODだったり)やジャンルの呼称(今更MOBAをRTSと呼ぶ人なんているのか)なんかは番組の都合上、致し方ない部分があったのかもしれないが少し気になった。せめてFPSの代表格くらい、CSGOを選んであげても良かったんじゃないだろうか。最近人気凄いし・・・

 LoLの大会のロケに使った時間は今後どのように使われるんだろうか。あの時間を使って毎週1つずつくらいタイトルを紹介しても良いんじゃないかなと思った。まぁ毎週ロケをするのかもしれないし、おもしろいものだったら何でも良いです。ただ番組内でLoLの内容をあまり説明をしてないからか、ゲームの内容に深く触れられなかったので、eスポーツを知ってる人も知らない人もいまいち楽しめない中途半端なコーナーになってしまったかなと思う。




 個人的には、eスポーツに関して全くの素人である芸人と女の子がこの番組を通じてどのように成長していくのかが一番の見所かなと思う。ニュースのコーナーとロケの時間は修正の余地があるはず。

 あ、ちょっと文句を言っちゃったけど、テレビ番組としてとても扱いにくいコンテンツなのは重々承知しているので、番組を制作している方たちには頑張ってもらいたいです!応援しています!



この動画で使われていた曲が流れた気がするけど気のせい?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。