So-net無料ブログ作成

数週間使ったので10vi(10pro)の感想を [AV機器]

本当はDAPではなくPCから直接出力されたものを聞いて、音質に関する感想を書こうと思ったのだけれど、あまりにも音が低すぎて聞くに堪えなかったのでとりあえず先延ばし
DAPで普段聞いている限りでは、結構気に入ってるんだけど・・・
ということで今回は音以外のところでちょろっと
どうしてもER-4Sとの比較になってしまう部分があるので、そこらへんを頭の片隅において読んでもらいたい


外観はネットで見たら分かると思うが、とてもカッコイイ(と思っている。機能美という言葉が当てはまる感じ)

ストレートプラグなのがマイナスポイント
L字に変換するケーブルもついているのだが、これが非常に抜けやすいので、ポケットなんかに入れるときは慎重に扱わないと簡単に抜ける

ケーブルは少し癖がある上に、イヤホン本体の手前で耳にかけるためのワイヤーがあるため、多少絡みづらい部分はある

手前のワイヤーを使わずにまっすぐにしたままという人はたぶん逆挿しの人だろう。ただ、私は逆挿しをあまりにオススメできない。素直にshure掛けをすればいいと思うので、最初っから逆挿しを考えている人はよく考えてもらいたい。イヤホンのドライバー本体が非常に重いので耳にかけないと外れそうになるのである。これでは音楽に集中できない上に音が外に漏れてしまう。

肝心のフィット感もER-4Sに比べれば甘く、チップのサイズによって音が結構変わってくる。ただ単に自分の耳のサイズにあうチップが同梱されていないだけの問題なのかもしれない。

タッチノイズは全然大丈夫。ケーブルを外すときは力と勇気が必要になってくる。
ちょっと音に触れると、低音が弾むように聞こえてきてER-4Sと比べて楽しく聞ける感じ。


一万円近く下がった今なら候補に挙げるべきイヤフォンだと思う




Z-4Rの欠陥? [AV機器]

コチラの記事でも紹介したZ-4R、通称Z4なんだけど、ちょっとおかしなことが
たまに外したイヤホンから音漏れしてるような音を聞くのでなんだろうと思っていたらZ4のせいだった
私の場合だけかもしれないが、我が家のZ4はボリュームを0にしても音が微かに鳴る
バス音量も切ってみたのだけれど変わらず
更に、悪いのはスピーカーではないよう
ウーハー、スピーカーともに音が漏れているので
う~ん、ちょっと気になるな
どういうことだい、ロジクールさん
まぁ他に関しては満足してるけど


タグ:PC

ER-4S到着&感想 [AV機器]

先に環境を

使用イヤーチップ:トリプルフランジ小
SE-90PCI→ZEコントローラー→ER-4S
音源は「ホスの戦い」「We Have All The Time In The World」のみCD、他はAALで再生ソフトはsonicstage

では、



J-POP代表


アルエ/BUMP OF CHICKEN

この曲はもともと音同士が物凄く混ざり合ってる曲で、ER-4Sで聞いても音が混ざってることに変わりはないのだが、ボーカルだけなんとか分離できたといった感じ。ドラムの音がバックで鳴っているのだが、かなり小さいため注意して聞かないといけない。
この曲にER-4Sは向いていないんじゃないかと。

五色の虹/UNDER GRAPH

懐かしのアンダーグラフ。気のせいか、一瞬ボーカルが遠く感じられた。聞いているとそうでもないのだが。
こちらは「アルエ」よりバックがクリアで気持ちいい。特に不満点は感じられない


洋楽代表


(I Can't Get No) Satisfaction/The Rolling Stones

「Shine A Light」のlive音源。これはかなりいい。伸びのあるベース、ミック・ジャガーの張りのある声。
この曲は高音の音量だけで迫力あるのか?よく聞くと低音が出てないのだが、全然気にならない。
言うことなし。

We Have All The Time In The World/Louis Armstrong

6,70年代の曲。Louis Armstrongの渋い声がかなり繊細に聞こえる。使ってる楽器の曲も多くなく、それぞれがちゃんと独立している感じ。こういう楽器数が少ない古い曲はかなりあってるように思える。最後の「only love」という歌詞ではvの震える音が詳細に聞き取れて頭に残る。


オーケストラ代表


John Williams(ジョン・ウィリアムズ)/The Battle Of Hoth(ホスの戦い)

(曲の長さ的にyoutubeの制限を越えているため、曲の中盤からの場面を貼っておく)
クラシック音源を所持していないため、サウンドトラックとして「スターウォーズ 帝国の逆襲」から出させてもらった。この曲は15分近くある曲で、いろんな意味で「豊か」だ。様々な楽器、様々なテンポで曲が展開していくのだが、ER-4Sはどれもそつなくこなしている。
お気に入りが中盤あたりの高音部分が特に激しくなるところ。映画だとAT-ATと同盟軍兵士、スノースピーダーが雪原で一方的な戦いを繰り広げるシーンだろうか。
全体を通して分離が良く出来ており、右左からの応酬合戦のような場面もある。問題点を強いてあげるなら迫力だろうか。もう少し音場が広く、低音が出ていたら良かったかなとは思う。



アニソン代表


In My Dream/真行寺恵里

サビ部分の圧倒的にパワフルな高音をなんなく鳴らしている。低音が足りないという印象も受けない。
素晴らしい

Rise/Origa

これもまたいける。それそれの音がちゃんとバラバラに聞こえる。こういう音が流れてる感じの曲やテクノ系でも結構いけるんじゃないだろうか?

Innocent Starter/水樹奈々

水樹奈々自体、あまり聞かないのでどこか悔しいのだが・・・艶のある声とER-4Sはかなりあってる気がする。
バックの楽器に関しては悪い点はとくになく、今回聞き比べした曲の中ではかなり上位に入る変貌ぶり。





低音の音量のなさは気にならない感じだった。確かに足りてないのだけど、高音で覆いかぶして目立たなくさせてる感じ。注意して聞くとかなり小さい。
当然ながら他にも聞いてみたのだが、Paul McCartney & Wingsの「Live And Let Die」や坂本真綾の「Tシャツ」なんかも結構良いなぁと思った。ELISAなんかは「これでもプロか?何言ってるのか分からない」と今までは感じていたのだが、ER-4Sで聞くと結構ハッキリ聞こえるようになっていてちょっと感動(声に限らず分離なんかもいい感じ)。

装着感だが、私の場合耳が痛いというより頭痛がする感じ。普通のカナルより耳に近いからだろうか?
装着が難しいとかいうことはない。確かに普通のものみたいに一発でスポッとはめることはできないが、グリグリまわして耳の穴の方向を探ってやると上手く入る。
タッチノイズも自分は許容範囲。確かに他のよりも大きいが全然外で使える。
でもまぁ疲れやすいので外出先でもたまに外して休憩したくなる

タグ:AV機器 ER-4S

ER-4Sを注文 [AV機器]

サウンドハウスにて
どうもカナルの一つの終着地点となりうるモノのようなので所持する必要性を感じた
スパイラルに突入してるのはわかってるのだが、今までみたいに1万以下でチマチマやってると逆に金がかかって無駄なような気がしてきた
それならER-4Sや10proを抑えようと思ったのだが、どっちを選んで買っても買ってないほうが気になって仕方ないと思うのでとりあえずこれ以上値下がりそうになく、また保障も2年間あるER-4Sに決めた次第
心配なのはタッチノイズと音量が取れるかどうか
逆に、これで音量が十分に取れるならE5は処分しようかと考えている

MDR-DS7000値崩れ開始 [AV機器]

偶然にも価格.comのページを開いたらMDR-DS7000が1万5千円台まで落ちてた
DS7100のせいだろうけど、DS7100の店頭予想販売価格って3万じゃなかったっけ?
マイナーアップデートレベルの製品なのに3万も払いたくないわな

FiiO E5購入 [AV機器]

巷で噂のポータブルヘッドホンアンプ、FiiO E5
2000円だし良いかと思って買ってみた
DAPはsonyのNW-S739Fで、いつも使ってるイヤホンを旅行で紛失してしまったのでここ数週間使ってる予備のEX-500SLでまず試す
正直、変化がわからない
ノイズが減るわけでもなく増えるわけでもない
いろいろ言われているvocal boostはそんな悪くないと思った
変化があったのはATH-A900
ドンシャリになるというわけでもなく高低音が表に出てきて中域の音が引っ込んだように感じる
と言っても所詮2000円だなと思ってしまう程度の変化
ipod以外のDAPとは相性がそれほど良くないのか、それとも過剰期待だったのか
ipodで試してみようかな

Z4購入 [AV機器]

ロジクールのZ-4を購入
いつもはAudio-TechnicaのATH-A900を使っているのだが、特に夏は耳が蒸れるので初めてPC用のスピーカーを買ってみた

090824_195919_R.jpg

聞いてたとおりウーハーがデカイ。外箱の内側に薄くダンボールで1週囲いがしてあり、その中にスッポリ入っていた
実質外箱と同程度の大きさ(奥行き除く)と考えていいだろう

音は特に文句をつけるようなレベルではない
値段相応で、特にウーハーがいい感じ
当然ながらウーハーを切ると酷いことになるのでウーハー使わないよって人にはすすめられない

手元に持ってこれるコントローラーもいい感じで、デザインが上手く自分のデスクに溶け込んでいる
安っぽさもなくて褒められるものだが、ジャックの部分が固すぎるのが最初戸惑った
ミニジャックより小さい未知の規格かと思ったほど

当初、ノイズが乗りまくって使い物にならなかったのだが、付属のケーブルを延長ケーブルを使いPCから離したところ、正常に音がなるようになった
ノイズが乗る人はケーブルを変えてみるといいかも

最後に、コストパフォーマンス的に満足してるのだが、欲を言えば手元のコントローラーにもっと機能を付けてもらいたかった
個人的に望んでいるのはミニジャックの出力とスピーカーのボリュームレベルを別々に調整できるというもの
もちろん、ミニジャックにヘッドホンが刺さっていてもスピーカー、ヘッドホンの両方から音が出ること前提でだ
ヘッドホンを使いたいときにイチイチささなくていけないのが面倒に感じてしまったからだ

とりあえず、PC用スピーカーの入門として良いように思った
自分もそう思って現在使っている
値段も7000円前後だし、特別解像度が低いわけでも音割れするわけでもないしっかりとした音を出してくれる
非常に納得のいくスピーカーだと思う


追記:音楽聴くのには物足りなく感じるかも。単純に迫力が足りてないので、もしかしたらウーハーの位置が悪いのかもしれない



タグ:PC レビュー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。