So-net無料ブログ作成

少なくとも今の日本鯖のGTA Onlineはつまらない [PS3]

 ちょっとラノベみたいなタイトルになってしまったけど・・・個人的に今のGTA Onlineはおもしろくない。いや、なんだかんだで遊んでるんだけど、GTA Onlineの空気が宜しくない。

 先に言っておくと自分は今まで荒らし行為をしたことがない(と思っている)人間で、チートなんてありえないし一緒にゲームをプレイしているプレイヤーに対する迷惑行為なんかも意図的にやったことは今まで一度もないはずだ。少なくとも記憶にない。

 けどGTA OnlineではPKしまくってる。だってそういうゲームでしょ?初めてのレースミッションで、クリーンなレースを心がけてたら他のプレイヤーがあからさまに何度もぶつけてきてイラッとしたことがあった。でもその時は「あぁ、これがGTA Onlineか」と思い納得した。GTAでマナーなんか考えてる自分の方が馬鹿だったんだと思った。

 ということでそれ以来ずっとGTAらしい遊び方をしようとしているのだが、他の多くのプレイヤーはそういうことを望んでいないようで、自分が空気読めない人みたいになってしまっている。自分は殺伐オンラインをやりたいし、そもそもこのゲームはそういうものだと思うのだが、他の人はまったりオンラインをやりたがってるように見える。少なくとも日本鯖では。

 今日たまたま2chのスレを見つけたのだが、PKプレイヤーへの批判レスや晒しスレがあったりした。そういう文句があるまったりオンライン派の人々はオープンセッションで何がしたいのか?他のプレイヤーと干渉したくないならソロセッションをやったり金払ってパッシブモードにすればいい。友達とやりたいならフレンド限定セッションをやればいい。

 今のまったりオンラインじゃオンラインの意味が全くない。オンライン上で最大16人のプレイヤーが一人ひとり別々に車乗ったり買い物してるだけ。自分以外の15人はNPCと変わらない。

 でも、現状のシステムでまったりオンライン派が多いのも致し方ないと思う気持ちもある。他のプレイヤーを殺すメリットが全然ないので、争いは非効率的だ。殺してもちょっとしか金は手に入らない、でも殺されたらたくさん金を落とす。これじゃあ戦えば戦うだけ金が減ってしまう。殺した側は5000ドル拾えて殺された側は5000ドル落とすとかそういうシステムに変更してもらえれば殺し合いが多発し経済も回って万々歳なのだが、多分そんな変更パッチは入らないと思うので、今後もGTA Onlineを殺伐オンラインにするために精力的(週2)に活動していこうと思う。PS3のアカウント晒されたところで気にならないし。
タグ:PS3 GTA5
nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ダークソウルをクリア [PS3]

やっと終われた
クリア時間は69時間20分でギリギリ70時間はかからなかった
ダークソウルはガッカリだという人がいるが自分はそうは思わない
デモンズは城1~4、坑道1~3みたいのが合計で5つ、つまり5つのロケーションしかなかったのに、ダークソウルはイチイチ環境が変わるのが新鮮で良かった
各地がショートカットで繋がっているのも「ココはアソコに繋がってたのかぁ」という驚きがあって面白い
ガッカリだったと言ってる人は対人やってる人なのだろうか?
ネット上でパッチを要求してる人を見てるとそう思ってしまう
確かに、売れた割にはほとんど侵入されなかったし、あまりマッチングは上手く行ってなさそうだった


個人的に後悔しているのはwikiを見てしまった事
絶対にクリアするまでネットで攻略情報を見ないと決めていたのだが、王のソウルを集めるにあたってシースとニト以外どこにいるのか分からなくなって、終いには「バグで開いてるはずの扉が開かないとか?」と思って見てしまった
小ロンド遺跡は最初の方に水門手前まで攻略してしまっていたので他のエリアで鍵をもらえるのを待っていたし、廃都イザリスに至っては百足のデーモンを倒して、フィールドを探索しまくったのに入口の道を見つけることが出来ず途方に暮れていたという状況だったのだ

まぁでも、wikiを見ていなかったら絵画の世界に行って半竜プリシラを倒すことも無かっただろう
それだけは良かったと思っている

ちなみにクリア時の状態は

Lv91
混沌の生贄刀+5
子の仮面+石装備

という感じ
ずっと黒騎士の大剣+5を使っていたのだが、グウィン相手に振りだしの遅い大剣では勝負にならないと思い、大剣を使う前に使っていた混沌の生贄刀を+5まで強化、更に人間性9にして挑戦し勝った
火属性はあまり効かなさそうだったので、すべてはレベルの高さのおかげか

でも序盤で鍛冶屋のおっちゃんを殺してしまった割にはよく頑張ったと思う
凄い楽しめたし大満足
フロムソフトウェアのソウル第3弾に期待





Blizzard CUPのnaniwaに笑った
まさかの7 probe attack
SC2のプロの試合では最短だったんじゃないだろうか
最初から勝負を放棄してたという意味ではe-sports史上最もスポーツマンシップに欠ける試合だったかもしれない

ちなみに今まで一番酷いと思ってたのはコレ

red armorもmega health取られてrage quitしたNaymlisさん




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

生存確認 [PS3]

まぁ近畿圏なので・・・
最近書いてなかったのは、単にハマっているゲームがないから
一応、Darkness Withinとか買ってプレイしているのだが


このブログからかは分からないけど、PS3の「SIREN: New Translation」を買ってくださった方がいた



これは結構思い出深いソフトで・・・Amazonの評価自体は決して良くはないし、特にサイレンシリーズのファンからはあまり良い評判を聞かないのだが、私はこのタイトルが凄く楽しかった
クリアしたらハイ終わりな自分にとって、ゲーム内のアイテム収集物を100%にするなんてありなかったんだが、このゲームでは進んでそれが出来た
と言っても、正直このタイトルの出来が良かったからというわけではない
実はこのゲーム、発売前に急遽DL版の発売を決定した上に、DL版だけパッケージ版より早くプレイ出来るようにしたという経緯がある
しかも、ただ単に早く遊べるわけではなく、EPが1日ごとにアンロックされていくというものだったのだ
つまり、初日に買うと全12チャプターなので、クリアまでに12日かかるということになる
これの何が楽しいのか
種明かしをすると、

①一つのチャプターを1日かけてじっくり遊べる
②ネット上で他のプレイヤーと同じ進行速度で攻略、ストーリー考察をすることが可能

という、この2点によって飛躍的にゲームが面白くなる
通常ならば、チャプター1にアイテムが3つ落ちてるハズだが、とりあえずチャプター2に行きたいし今は良いかとなる
しかし、このアンロック方式なら、チャプター1をクリアしてもチャプター2が遊べるのは次の日
ならチャプター1でやり残したことをしようではないかとなる
更に、そのやり残したことが何か、これはどういう意味なのかといった疑問をネットで解決する
これは、友達と集まってシングルプレイのゲームをする感覚に近いと思った
「これはこういう意味でしょ」「ちょっと貸してみ、こうすればいけるハズ」
みたいなのをネット上で並列化・分散して行ってる感じ
本来なら、人によって進行速度が違うのだが、このアンロック方式により、皆が同じチャプターをプレイすることになるので、こういった感覚を得られる


とりあえず、何が言いたいのかというと、こういう方式でまたゲームだしてくださいよと
PCにもEP毎に配信されるゲームはあるのだが、あれはちょっと違う
もっとゲーム染みたゲームであれをやりたい

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

今更ロロナをやり直している [PS3]

いや、ほんとこのゲーム面白い
戦闘はストレスを感じさせないし、何より調合が楽しい
アトリエシリーズをやったことがなかったので、調合システムの奥深さには驚かされた
というか、アイテムひとつひとつにパラメーターがある時点でビックリしたのだけれども

欠点はかなり少ないし、アニメ感も個人的には馴れるレベル(語尾が変な奴とかはマジで無理なので、そういうやつが登場しなくて良かった)
これはなかなかの秀作だと思うのだがどうだろうか?中古価格が中々下がらないのもこのゲームの面白さを証明してると思う
トトリもいつかやりたいのだが、これも同様に値段下がらないんだろうなぁ


 


タグ:PS3
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

プラットフォームホルダーのプレスカンファレンスのラストを飾ったSCEは・・・まぁ悪くはない [PS3]

とりあえず要らないパートが多かった
どれだけ動画流せば気が済むのかと
もっと時間は減らせたはず
前半はまさかのMS以下かと思ってしまうような残念ムード

ただ、moveは精度高くて案外よさそうな予感
実際、moveがあるから「Dead Space Extraction」がPS3で出せるわけだし、ソーサリーだっけ?あれもカジュアルすぎる感じじゃなくて良かった
ただ、遅延が感じられたのと、値段を改善してほしい
右手と左手で$80はちょっと高いんじゃないの?

肝心のPS3もまぁ頑張ってたかなと
プレスカンファレンスでサプライズとして持ってこなかっただけで、事前に発表した「MotorStorm Apocalypse」や「inFamous2」「Socom4」「Killzone3」と新作はちゃんと開発してるわけだ
しかもvalveを引き込んでportal2をゲットし、さらにはtwisted metalの新作もサプライズとして準備
タイトルが地味なのばかりってのが残念だけど、まぁ及第点といったところ
でもtwisted metalは結構面白そう
コンシューマーのマルチプレイをする時間はないので買う予定はないけど

一方で、PS3の新型番「CECH-2500」はどこへ行ったの?といった疑問は残る
PSP2は出なくてもしょうがないけど
それに、月額料金を取る新サービスもあまり期待はできない
Qoreがそんなにうまく行ってなさそうなので

まぁ、とりあえず日本的にはGT5 が11月2日に発売決定というのが大きそうで、あとは地味だったかも
MSほどじゃないけど
では寝るとしようか


タグ:PS3 ソニー E3
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

GOD OF WAR III―感想&レビュー [PS3]

PS3で発売された超大作ソフト「ゴッドオブウォー3」(以下GOW3)をクリアすることが出来たので、感想をまとめようかと思う。

GOW3はPS2で高い評価を得たGOW1、GOW2の続編で、主人公のクレイトスがゼウスに復讐を挑むというアクションゲーム。ゲームは序盤から圧倒的なスケールで話が展開し、プレイヤーに対し昨今のゲームの進化をまざまざと見せつけるものとなっている。ただそれは視覚的な話であって、ゲームとして面白いかどうかは別になってくる。CSアタックというQTEのように指定されたボタンを押すだけで敵を豪快に攻撃できるシステムが存在するのだが、あまりのスケールの大きさと複雑さに、正直何をやっているのか分からない状態であった。見ているだけならマシだったかもしれないが、いつCSアタックを促すボタンが表れるかが気になってクレイトスの活躍に集中することが出来なかったのだ。通常戦闘時も、過去作より敵の量が増えて尚且つ弱体化するという無双調整。ハッキリ言って気分が乗らない。良かったのは序盤のボスの殺し方と、ボスが死んだことが及ばす世界への影響を表す映像だろうか。

このように序盤から進める気力が出てこなかった。相変わらず雑魚へのCSアタックは良いのだが、敵の手ごたえがなくなったのが辛すぎる。これに関しては中盤以降盾を持った敵の出現や、一発の攻撃力の重さを感じさせてくれる武器が登場してくれるのでマシになるのだが、1では基本武器であるブレイズオブカオスが十分攻撃の重い武器だったので、今作でも基本武器であるブレイズオブエグザイルを重い武器にしてくれても良かったのではないだろうか。カオス→アテナ→エグザイルとシリーズが進むごとに攻撃力が増しているという設定を反映しているのか?とりあえず、私は無双したくてGOW3を買ったのではない。

謎解きも全体的に質が一回り落ちてしまった感じ。解いたときの気持ち良さが感じられない。謎解きが減ったのは良いのだが、それならそれで少数精鋭主義で作ってほしかった。1つだけ、騙し絵のような謎解きがあって、それはなかなか面白いと思ったのだが、他はやる価値のないものが多かったように思う。

スケールがデカなくなったのか小さくなったのかも良く分からない。一つ一つの局面で見ると物凄くスケールがデカく見えたりするのだけれども、実際は一つの鎖を中心にした上下間での冒険でしかなく、横の広がりが全くないところが気分的に盛り下がってしまった。それも行ったり来たりでくどかった。鎖の上り下りの移動時のミニゲームも同様で、何回も繰り返す必要があるのか疑問に感じた。

良かったのはグラフィックとクレイトス。グラフィックはとにかくすごい。プリレンダリングムービーも挿入されるのだが、リアルテイムレンダリングのムービーもそれに劣らない質で、今世代最高峰のクオリティ。クレイトスも相変わらず残虐でカッコいい。ただ、情が芽生えるあたり、賛否があるかもしれない。私は悪くないと思った。

さて、情が芽生えると書いたが、それ繋がりでストーリーについて気になる点が。まず、終盤にめんどくさいステージがある。言ってしまえば精神世界での無意味な操作を求められるステージであり、クレイトス自身の変化がゲームにも表れていて前2作のようなただのアクションゲームにはなっていない。ラストの終わり方も歯切れが悪い。私としてはクレイトスが行動を行う瞬間で幕を閉じてもらいたかった。

総じて、良くも悪くも「3部作完結編なんだから」と言った感じの場面が多く見られた。そのスケールといいストーリーといい。ただ、あまりユーザーに優しいゲームではなく、多少開発側の自己満足に走ってしまった感があると思う。まぁAmazonなんかでは珍しく☆3以下が存在せず全て☆4以上でレビューが構成されているという好評ぶりなので、世間一般では評価が良いのかもしれないけど、私はGOW1、2のほうが楽しめた。
最後に日本語版のローカライズ品質についてちょっと。ネットで言われている通り確かに文字は小さい。私は40インチのモニターを使っているので読めたが、あれじゃあ字幕が読めないユーザーも当然出てくるだろう。「吹き替えだからまぁいいじゃん」というのはおかしな話で、メイキングムービーもあの小さな字幕な上に英語音声なので英語ができない人は内容を理解できない可能性がある。それに、女性の発言なのに「○○なのだ」みたいな男性口調の字幕になっていたりする場面がある。ゲーム内でも、女性キャラクターがいないのに女性の声が聞こえたシーンがあった。あれはなんなのだろうか?無修正のものでは女性が出ていて、日本語版でも女性のキャラクターを収録していたがのちに削除、そして声だけ削除し忘れたということだろうか。どちらにせよローカライズ品質はあまりよろしくない。声優陣は頑張っていたので残念だ。

6/10

 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ゴッド・オブ・ウォー コレクション―感想&レビュー [PS3]

「GOD OF WAR III」発売を前にして発売された「ゴッド・オブ・ウォー コレクション」。内容はPS2で出たGOW1とGOW2をHD画質で処理してフレームレートを向上させたリメイクもの。私はそもそもPS2であまりゲームをしていないのでGOW1もGOW2も未プレイである。

そんな私がまず驚かされたのがグラフィック。タイトル画面には主人公であるクレイトスの顔が表示されているのだが、それが悪い意味でPS2の古臭さを感じさせらるものだったので、瞬間的に今作に対するハードルがガクっと下がってしまったのだが、最初の舞台であるエーゲ海の船上に場面が移り変わった瞬間、HDのクッキリ画質が眼前に広がりビックリした。PS3の和製タイトルの中には負けてるタイトルがあってもおかしくないグラフィックであり、改めてHDの有難さを感じてしまった。これはゲーム中のムービーでハッキリ分かる。ムービーは事前にレンダリングされたものなのでPS2のSD解像度ものを流用している。よってムービーからゲームプレイに戻るとその圧倒的な差を再認識することになるのだ。

もちろん、ポジティブポイントはグラフィックだけではない。このゲームは純粋にアクションが楽しい。今作のアクションは、ただ単に雑魚を蹴散らす感じではなく、常に全力で雑魚をなぎ倒すような感覚に陥る。GOW2では僅かながら無双よりの調整が入ったようにも感じられたが、それでも一級品には変わりない。
また、CSアタックという派手な攻撃法もこのゲームの魅力だ。一定のダメージを与えたり条件を満たしたりすると敵の頭上に○ボタンのマークがでる。そこで敵に近づいて○ボタンを押すと、一気にカメラがクレイトスに近寄り、指定されたボタンアクションを行うことで誰でも簡単にド派手な技が出せるのだ。ゲームが好きな人なら「QTE」が頻繁に起こると考えてもらえれば分かりやすいだろう。
このCSアタックがクレイトスの野獣のような本能を表していてカッコいい。時には首を胴体からもぎ取り、またある時は敵の口内に武器を突っ込む。CSアタックを無視して攻撃し続ければ、雑魚なら倒せるが、それではGOWの魅力の半分くらいを捨ててしまってるようなものなので是非ともCSアタックでバシバシ敵を倒していってほしい。

ストーリーやキャラクターも非常に魅力的だ。最初に説明すべきだったかもしれないが、このゲームはギリシャ神話がベースとなっており、1、2ともに人間であるクレイトスが神を倒すという目的を達成すべき迫りくる敵を殺していくゲームになっている。クレイトスというキャラクターは海外ではとても人気があるキャラクターなのだが、私も今作で完全に彼の魅力に取りつかれてしまった。このクレイトスはとにかく極悪非道なやつで、例えば龍が如くのようなヤクザだけど根は良いやつみたいなエンターテイメントチックなご都合主義はない。主人公であり、可哀そうな過去を背負っているのだが、自分の目的を達成するためなら心優しそうな人間でも平気で拷問して殺す。それも何の躊躇もなくだ。そのような冷酷な性格に加え、信念のようなものが見えるところと家族への愛情で一層魅力的なキャラクターに見えてくる。
GOW2の一連のストーリーの盛り上がりも圧巻で、言うなればヤビンの戦いでデススターを破壊した反乱軍が、そのまま極秘建造中の第2デススターを破壊しに行くような感じ。消化不良で中途半端な終わり方ではなく、ちゃんと最高に盛り上がらせるところが素晴らしい。

あと、謎解きが思ったより多いのが意外だった。God of Warというくらいだから殺戮の限りをつくすのかと思いきや、難しくもなく簡単でもない"良質"なパズルが結構多く、予想外なところで楽しめた。

悪かったところと言えば

・ムービーがSD画質
・アップグレードするだけなのに時間がかかる(GOW1)
・やや話が分かりにくいところがある
・ボタンまわり

この4点。SD画質はしょうがないと言えばしょうがないが、残念なのには変わりないのでここに挙げた。
アップグレードに時間がかかるというのは、敵を倒したときや宝箱を開けたときに経験値代わりのレッドオーブというものがもらえて、それを指定された数だけ放出すると魔法が強くなったり武器ごとの新しいコンボが覚えられたりするのだが、GOW1はなぜか、オーブを放出する速度が遅いので、1万オーブとかを捧げようとすると何十秒間か○ボタンを押しっぱなしにしなければいけない。
話が分かりにくいというのは、とにかく特徴のない人物は顔の判別に戸惑ったり、初登場なのにまともな紹介もないまま、さも以前からゲームに登場していたかのような扱いを受けていて、あれ?誰だっけ?というような状況に陥ってしまうことがあったということ。
最後のはちょっとややこしい。まず、GOW1と2でボタンがいくつか違ったりするので、GOW2を始めてすぐは操作に慣れる必要があるだろう。それと、PS3のコントローラーはR2が誤爆しやすいので注意。乱戦中にフッと武器が変わってたりする。そして一番しんどかったのが「イカロスの羽」。これはジャンプ後に滑空ができるというアイテムで、×ボタン長押しで発動するのだが、この長押し判定が非常に短い。普通にジャンプしているつもりが、勝手にイカロスの羽が出てしまい、しかも普通にジャンプのつもりでボタンを押しただけなので滑空する前にボタンを離してしまい落下するというパターンが異常なほど多かった。これは私の癖の問題かもしれないが、正直に告白すると同じ場所で約50回落下死するという屈辱を味わった。久しぶりにゲーム中にものを思いっきり投げてしまった。テスターなんか何人もいるのだから、私のようなプレイヤーから報告があってもおかしくないと思うのだが・・・


ただ、悪い点と言っても、どれも些細なものであり、このゲームが傑作アクションゲームだということに変わりはない。PS2のリメイクだからという理由だけで躊躇している人はすぐさま買った方がいい。面白いものは世代が変わっても面白いのだ。見た目ほど難易度は高くない(というか途中で難易度が変更できる親切設計)ので幅広い層にオススメできる。飽きっぽい私が1週間で2本分のゲームを消化できたという時点でこれが素晴らしいゲームだということが分かって頂ければ嬉しい。

7/10

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ゴッドオブウォークリア [PS3]

正統派アクションゲームという感じで面白かった
やっぱ爽快感がいい
勢いに任せて2の序盤をちょっとやったのだが、3のデモ同様攻撃がちょっと軽い気がする
どれも小ダメージだけど敵が弱いから死んでくれてる感じ
一方で1は、敵も強いけどクレイトスの攻撃も更に凄いから殺せるって感じだろうか
謎解きの難易度も、簡単すぎず難しすぎずという程よい難易度(だったと私は思う)
確かにこれは傑作と言って申し分ない
問題点は・・・まずはチェックポイントシステム

①チェックポイント通過→②苦労してシークレットを取りに行く→③正規ルートに戻って進めると殺された

こういうことがあると、①に戻されるのでちょっとイライラ
あとは、誤爆
レバガチャ時に、いつもの癖で左右両方のスティックをガチャガチャやっちゃうと、ゲージを消費する予期せぬ技を発動してしまうことが多々あった
もう一つはR2の誤爆
どちらの誤爆もPS3のコントローラーが悪いのかもしれない
特にR2
まぁR2の誤爆はゲームへの影響が少ないので許容範囲か

あー、あとトロフィーでメイキングを見ないと取れないトロフィーがあったので注意
確か、出生の話のメイキングだったかと思う
私はゲームを終えてトロフィーリストを確認してから気付いたのでまだ取れてない

 




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ゴッドオブウォーコレクションを購入 [PS3]

財布の中のゲーム屋のカードを見ていたら、結構ポイント溜まってる店がいくつかあったので、先にGOWコレクションを買うことにした
買うのにはかなり苦労したが、無事ゲットすることができた

いくらHDリメイクでも・・・と思っていたのだが、ここまで粗がないというのは正直驚いた
720pでも十分綺麗だと感じた
どこかのサイトでも触れていたのだが、プリレンダが汚いのが残念
ゲームを始めるまでは「プリレンダを高解像度で作り直すのも時間的に無駄なのかな」と思い、少々納得していた部分もあったのだが、ゲームを開始するとビックリ
リアルタイムでも十分レンダリングできそうな微妙なカットシーンが、実はプリレンダを使っていたというオチで、ゲームとの落差がハッキリと確認できてしまう
そこはPS2版との差を確認できるからという前向きな考えでプレイしている

あと、面白いものはやはりいつまでたっても面白いんだなと
私はGOWをやったことはなく、ただ単に面白いという評判とCMが海外で大問題になったということしか知らなかった
なので、PSP版を除くと今回が初GOWになるわけだが、敵に攻撃を当てたときの微妙なヒットストップがとても気持ちいい
無双なんかの手ごたえがない戦闘とは全然違う
そして、一般的にQTEと呼ばれる、指定されたボタンを押していって巨大な敵を倒せるCSアタックがかなりカッコいい
とにかく派手
もちろん、GOW3と比べるとアレだが、それでも十分見ていて楽しい

それと、せっかくBD使うんだから、多言語&字幕収録なら嬉しかった
クレイトスの英語音声がかっこよくて好きなので

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

GOWコレクションを買うべきか否か [PS3]

トリロジーは予約済みなのだが、トリロジーが届いてからコレクションをやるのはあまり気が進まないと思う
GOW3が手元にあるのだから
そこで、トリロジーの一週間前に出るコレクションを買って、1週間で1、2クリア、そしてトリロジーが届いたらコレクションを売ってGOW3を遊ぼうというgoodなアイディアを思いついてしまった
あー、トリロジー買わずにコレクションと3を買えばいいという意見はなし

タグ:PS3 GoW
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。